レビトラの特徴

レビトラは即効性が特長

レビトラは、ED治療薬の中でも新しいタイプの医薬品です。既に販売されていたバイアグラの弱点が補われています。正しく飲むことで、減退していた男性の勃起力が回復します。効果があらわれるまでの時間が早いのが特徴です。

他のED治療薬は、効果が出るまでに最短でも1時間ほどかかります。一方レビトラは、個人差はありますが、服用から数十分で効果があらわれます。

即効型の医薬品にも関わらず、持続力が高いのも嬉しいポイントです。一度射精しても、持続時間の間であれば再びペニスが立ち上がります。円満なセックスを妨げる、俗に言う中折れの症状を予防する効果もあります。

レビトラを飲むときは身体のコンディションや飲み方に注意

レビトラは即効性があり、服用した人の大多数が、性交に十分な勃起力を手に入れられます。

レビトラの効果をしっかりと得るには、正しい服用方法で飲まなければいけません。

ED治療薬は、あくまで男性の健全な勃起を支援する医薬品であり、いつでもペニスを強制的に立ち上がらせるものではありません。元々体調が悪い時に服用しても、効果は半減します。

性欲を増進する効果もないので要注意です。元々セックスをしたいという欲求がなければ勃起しません。

睡眠不足な日に飲むのも避けた方がよいでしょう。例えば、徹夜に近い状態で仕事に打ち込んだ日の翌日は、睡眠不足で心身共に疲弊しているはずです。そのような時にレビトラを飲んでも、十分な効果が得られず、薬が無駄になってしまいます。

レビトラは、食事の影響を受けづらいED治療薬です。食後に飲んでも効果が出ますが、推奨される服用タイミングは食前です。シチュエーションが選べるのであれば、夕飯の前に飲むのがベストです。高カロリーな料理や、油分の多いものをたくさん食べると、効果が現れにくくなるので要注意です。

レビトラの正しい飲み方

レビトラは、性行為のおよそ1時間前に服用をすることで、効果を最大限に得られます。

レビトラは10mgのものと、20mgのものがあります。飲む量は1回に1錠で、10mgなら4時間から5時間、効果が続きます。量を20mgに増やすことで、効果が8時間から10時間続きます。

1日のうちに飲んでもいい量は1回だけです。再び服用する場合、必ず24時間の間隔をとる必要があります。

レビトラは、食事の影響を受ける薬なので、食事の20分から30分くらい前に飲むとよいでしょう。

アルコールとの飲み合わせも注意が必要です。普段から飲み慣れていない人が、お酒と共に薬を飲んでしまうと、アルコールが一気に身体に回ってしまう恐れがあります。お酒をよく飲む人であっても、過度にアルコールの摂取をすると、神経伝達が悪くなり、効果が半減します。

お酒を飲むのであれば、量はほどほどにしましょう。適量であれば、気持ちがリラックスし、正常な勃起が起こりやすくなります。

油分の多い食事はレビトラの効果を半減させる

レビトラは食事の影響を受けるため、空腹時に飲むのがベストです。

薬は小腸で吸収されますが、お腹いっぱい食べた後は、腸内に油膜が張られた状態になります。油分の多い食べ物ほど、レビトラの吸収に影響を与えてしまいます。

平均的な量と内容のメニューならば、悪い影響は受けないとされています。何も食べないままでお薬を飲むことが難しければ、脂質の少ないさっぱりとしたメニューを、適量食べるようにしましょう。量は、腹八分目ではなく、腹七分目くらいに留めておきましょう。

食後から2時間から3時間経てば、レビトラを飲んでも食事の影響は受けません。食事後すぐにお薬を飲むと、効果が十分に出ないので要注意です。また、レビトラを飲む際は、グレープフルーツの果汁入り飲料は控えましょう。