レビトラを飲んで副作用が出た

レビトラの副作用でよくある「頭痛」

レビトラには様々な副作用が確認されています。その中でも、特に多いのが頭痛です。

具体的には、頭部の周囲を締め付けるような、緊張性頭痛によく似ています。

服用後に頭痛を覚えたら、レビトラの副作用と考えていいでしょう。

また、顔のほてりや目の充血も起こることがあります。

初めて副作用が出た際には驚く人も多いので、少し時間を置いて様子を見ましょう。

ほてりの度合いは、個人差が大きいです。

耳や頬がほんのり熱くなる程度なら、誰にでも起こり得ます。

こちらも同じく、服用後のタイミングで出たのであれば、慌てる必要はありません。

基本的には、作用と副作用はセットと考えて問題ありません。

つまり、副作用が出た場合には逆に効果もしっかり出ているということです。

効き始めの合図と捉えておくと、判りやすいでしょう。

ちなみに、一般的な副作用の持続時間は、長くても5時間程度です。

この時間内に治るのかどうか、それも1つの目安にしましょう。

その他副作用があらわれたら医師に相談

一方で、長時間副作用が続くようなら、医師に相談してみましょう。

特に副作用に苦しんでいなくても、突然副作用の発症に悩まされることもあります。

体に異変を感じたら、まずはレビトラの添付文書によく目を通しましょう。

添付文書に書いてある症状であれば、レビトラの副作用です。

頭痛やほてり、充血以外に気になる副作用が出たら、医師に相談したほうが良いでしょう。

レビトラを病院で処方してもらっている人であれば、同じ病院で診察を受けると良いです。

また、これからレビトラの服用を考えている人は、購入先に注意が必要です。

個人輸入代行などでは偽物を買うリスクがあり、日本人の体質に合っている保証もありません。

なかなか恥ずかしさから病院での処方を拒む人は多いのですが、病院で処方してもらえば安心です。

また、副作用が出た際も、病院処方であれば、すぐに対応してもらえます。