レビトラは用法、用量を守って飲むこと

レビトラは1日1回!それ以上飲むのはNG

レビトラは、性交に十分な勃起を促すための薬です。国内外で大勢の愛用者がいます。

レビトラの有効成分「バルデナフィル」が、陰茎内の血流を改善します。これにより、陰茎内に血液が流れ込み、勃起ができるようになるのです。性交に十分な勃起ができない、途中で萎えてしまうといった場合も、レビトラが有効です。

レビトラは、他のED治療薬に比べて、効果が強いのが特長です。服用からおよそ30分で、正常な勃起ができるようになります。

レビトラの用法、用量は、1日1回と決まっています。また、1度飲んだら、次の服用には24時間以上の間隔をあける必要があります。レビトラを飲みすぎると、作用が強くなりすぎて、副作用のリスクが高まるからです。

飲み過ぎは重い副作用の原因に

レビトラは、決められた用量より多く飲んではいけません。

レビトラは、1錠でも十分な効果を発揮します。また、たくさん飲んだからといって、効果が強くなることはありません。それどころか、作用が強くなりすぎて、重大な副作用に見舞われるリスクが高まってしまうのです。

実際に、激しい頭痛や倦怠感、視野の異常など、多量摂取によるトラブルも報告されています。

レビトラの効果が続く時間は、5時間から10時間です。時間内であれば、1度射精したあとも再び勃起が可能です。性行為を再開するときに、レビトラを追加で飲む必要はありません。