レビトラを服用できない人

狭心症と診断された方

レビトラは、狭心症と診断された人には処方できません。

レビトラには、血流を促進する効果があります。

そのため、心臓が悪い人は服用できないことが多いです。

心臓の調子が悪い人は、血流を促進する薬を服用していることが多いからです。

血流を促進する薬を服用していると、レビトラと薬の効果が重なってしまいます。

血流促進の効果が強く出すぎてしまい、意識低下などを引き起こす恐れがあるのです。

特に、心筋梗塞や狭心症を発症していた場合、ニトログリセリンが処方されることが多いです。

ニトログリセリンは、即効性・効果共に高いです。

レビトラと一緒に服用すると、血圧が急激に低下し、意識消失などを引き起こす恐れがあります。

降圧剤などを服用している場合は、レビトラの服用は控えるようにしましょう。

特に、ニトログリセリンを服用してる場合は絶対に併用してはいけません。

その他服用できない方

EDは、薬の副作用によって起こる場合があります。

薬の作用によって生じるEDを、薬剤性EDと言います。

例えば、中枢神経や末梢神経、消化管に働きかける薬剤の場合、神経に作用します。

これらの薬の影響で、性欲が減退したり、血流悪化につながる場合があるのです。

一方、降圧剤・血管拡張剤等の循環器系に作用する薬剤の場合、血流が急激に良くなります。

降圧剤などを服用すると、血液が陰茎海綿体で留まれないため、すぐに萎えてしまう恐れがあるのです。

これらの薬と併せてレビトラを服用すると、効果を低下させる恐れがあります。

また、レビトラの効果が十分発揮されない恐れもあるのです。

何らかの薬を服用している場合には、まず医師に相談してから服用するようにしましょう。

特に高血圧・脳血管疾患を抱えている場合、体調が悪化する恐れもあります。性行為による急激に血流が変化するからです。

循環器系の病を抱えている場合は、細心の注意を払わなければなりません。